漢方薬・漢方療法のご相談は漢方専門相談店【うちやま薬局】 不妊症・ガン・自律神経・アトピー・体質改善・ダイエット・その他心と身体のお悩みならお気軽にご相談ください。

腰痛・脊柱管狭窄症 うちやま薬局

うちやまの漢方療法

5,000円(税込)以上
全国送料無料

フリーダイヤル 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30
腰痛・脊柱管狭窄症
うちやまの漢方療法 お客様の声

症例・1ウォーキング中、突然の違和感から直後に歩けなくなった

ウォーキング中、突然の違和感から直後に歩けなくなった

65歳 男性

うちやまの漢方療法をお試し頂いた結果

脊柱管狭窄症が良くなった!

症状など

65歳の男性。平成22年の6月に、ウォーキング中に右臀部に違和感をおぼえ、直後から歩けなくなった。病院に行ったら医師は「脊柱管狭窄症」との診断。2ヶ月後少し良くなったが、ちょっと無理をしたのをきっかけにまた腰に来た。無理する前は20分ぐらい歩けたが、今は少し歩くと腰から右足が苦しくなり、右臀部が痛い右の太ももの後ろも痛みがある

持病に糖尿病と高血圧、コレステロールを持っている。毎晩焼酎の氷を入れた水割りを飲んでいる。

病院のお薬は、ハイペン(消炎鎮痛剤)、メチコバール(しびれ)、オパルモン(血行改善)。その他血圧・糖尿・コレステロールの9種類の薬を服用しながら「漢方療法」を取り入れられました。

考察

息子さんに勧められて10月にご相談がありました。ご様子と体質をチェックして「漢方薬」を処方致しました。また、胃腸を冷やすのも良くないので、氷を入れた焼酎の水割りを「お湯割り」に換えていただきました。

1ヶ月後、だいぶ良いが右太ももの後ろ側にまだ痛みがあり、少し歩くと太ももの後ろがつる、との事。1ヶ月で効果があらわれてきているのでそのまま継続。6ヶ月後にすっかり良くなったので、一旦漢方薬を止めようかと思ったが、1年間お続けになるよう言ってあったので、1年続けてみようと思ったそうです

都合13ヶ月間服用して現在はすっかり良くなり、漢方を飲まなくて済むようになられました。 病院の治療で少し良くなったと行っても、20分しか継続歩行が出来なかったのか、今ではウソのように良くなられました。

漢方のプロフェッショナル
薬剤師:内山賢治

ご相談・お問い合わせにつきまして、
どんなことでもお気軽にお電話くださいませ。

漢方薬・漢方療法 うちやま薬局 無料にてご相談承ります
0120-24-2460
フリーダイヤルをご利用できない場合  0138-52-2424 (有料)
FAX:0138-52-1744
〒040-0011 北海道函館市本町30-25 ( ご来店方法はこちら)
営業時間:平日・土曜 朝 9時00分 ~ 夜 6時30分
日曜・祝祭日が定休日になっております

腰痛・脊柱管狭窄症
MENU

うちやまの漢方療法 お客様の声

脊柱管狭窄症の事例

腰痛の原因と症状

店主BLOG

漢方薬・漢方療法

漢方のプロフェッショナル
日本東洋医学会会員

うちやま薬局

〒040-0011 北海道函館市本町30-25

通話料無料 携帯電話OK 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

お買い上げ 5,000円(税込)以上で
全国送料無料

© 2017 うちやま薬局

スマートフォンで電話する 0120-24-2460