漢方薬・漢方療法のご相談は漢方専門相談店【うちやま薬局】 不妊症・ガン・自律神経・アトピー・体質改善・ダイエット・その他心と身体のお悩みならお気軽にご相談ください。

腰痛・脊柱管狭窄症 うちやま薬局

うちやまの漢方療法

5,000円(税込)以上
全国送料無料

フリーダイヤル 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30
腰痛・脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症による事例集

Case.1脊柱管狭窄症で歩行がままならない状態でした

脊柱管狭窄症で歩行がままならない状態でした

脊柱管狭窄症の事例 - Case.1
H・Kさん(65歳・女性)

悩み

腰の痛みによって歩くことがままならない。50メートル進んで休む、そしてまた50メートル程度進んで休む・・・といった数十メートルおきに休みを一度入れないと進むことが出来ない。

病院の診断

病院で脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と言われ、少しの距離でも休み休み進むほどの間欠跛行(かんけつはこう)の症状ありと診断。

間欠跛行(かんけつはこう)とは
歩くときなど下肢に負荷が生じると、徐々に下肢に疼痛・しびれ・冷えを覚え、休み休みにすることにより症状が軽くなること。あるいは再度歩くなどの運動ができるようになること。

ご相談

40代の時にぎっくり腰をやってしまい、その後、たびたび繰り返すことになったとのこと。脊柱管狭窄症の他に椎間板ヘルニアも併発していると判断しました。
またお話しを伺った時点では、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症が半々(5:5)ぐらいと診まして、排尿に問題ないことも確認後、調合漢方薬を処方いたしました。

うちやまの漢方療法をお試し頂いた結果

うちやまの漢方療法をお試し頂いてから3ヶ月後、腰痛がだいぶ楽になり、連続して30分、2キロ程度の歩行ができるまで回復いたしました。服薬を1日3回から2回に減らしても半年後には、痛みもほぼなくなりました。
もともと趣味の旅行を再び楽しみたいという一心から腰痛改善を頑張ってきました。そして再度旅行を楽しめるようになれるまで回復したこと。うちやま先生には深く感謝しております。

本当に良かったですね。これからも一緒に頑張っていきましょう!

漢方のプロフェッショナル
薬剤師:内山賢治

ご相談・お問い合わせにつきまして、
どんなことでもお気軽にお電話くださいませ。

漢方薬・漢方療法 うちやま薬局 無料にてご相談承ります
0120-24-2460
フリーダイヤルをご利用できない場合  0138-52-2424 (有料)
FAX:0138-52-1744
〒040-0011 北海道函館市本町30-25 ( ご来店方法はこちら)
営業時間:平日・土曜 朝 9時00分 ~ 夜 6時30分
日曜・祝祭日が定休日になっております

腰痛・脊柱管狭窄症
MENU

うちやまの漢方療法 お客様の声

脊柱管狭窄症の事例

腰痛の原因と症状

店主BLOG

漢方薬・漢方療法

漢方のプロフェッショナル
日本東洋医学会会員

うちやま薬局

〒040-0011 北海道函館市本町30-25

通話料無料 携帯電話OK 0120-24-2460

フリーダイヤル
携帯電話OK
通話料無料

うちやま薬局 営業日
営業時間 日祝
9:00 - 18:30

お買い上げ 5,000円(税込)以上で
全国送料無料

© 2017 うちやま薬局

スマートフォンで電話する 0120-24-2460